自動車の相続について

自動車を相続するためには

自動車の相続手続きについて

自動車を相続するための手続きは、通常の所有者名義変更手続きと同じです。ただし、添付書類に遺言あるいは遺産分割協議書が必要となります。基本的に相続財産の名義を変更するためには、遺言が存在している場合には遺言書、遺言が無い場合には遺産分割協議という当事者間の話し合いを行い、成立した場合には遺産分割協議書を作成し、名義変更手続きの際に提出する必要があるのです。これらの書類と、故人の生前から亡くなるまでの戸籍謄本(除籍謄本、原戸籍)、そして自動車を所得する人の戸籍謄本と印鑑証明書、そして住民票を添付する必要があります。これにより所有者名義変更登録が可能となります。

車の相続の注意点について

人が亡くなると、その財産は相続人が継承します。財産には、現金や預貯金、株式などの金融商品や不動産のほかに、自動車のような動産のほか、借入金などの負債も含めてすべてが含まれます。もしも亡くなった人が多額の負債を持っている場合には、相続放棄という選択がありますが、負債は要らないけれど財産だけは欲しいということはできません。自動車の名義変更をすることで財産の放棄ができなり、負債があった場合には返済の義務を負ってしまうことがあるので、名義変更をする前には、故人の財産の内容を把握してからにすると安心です。

↑PAGE TOP