自動車の中古の市場

自動車のオークション事情は

自動車相場はオークションで決定

日本には、多くの中古の自動車が流通しています。そして、そのどれもが、オークションで売りに出されていたものなのです。業者さんが、横浜などで、開催されるオークションに出向き、希望に合った中古車を購入して、自身のお店の店頭に並べるのです。私も以前、中古車販売店で働いていたことがありますが、外国人の社長は熱心に、中古車を購入していました。そして、その車を、ロシア人などの外国人に転売していました。そういった自動車は相場よりも高く売れることがほとんどでした。非常に割の良い商売だったと思います。こうした、外国人向けの中古車販売店は意外に掘り出しものが眠っていることも多く、日本の皆さんが行くにもとても良い場所だと思います。

車オークションの相場について

オークションとは、売買の取引の原点とも言うべき、買いたい人と売りたい人の直接交渉の場です。自動車の場合、新車販売価格は販売店が決めて、購入したい人は値段を見ながら決断しますが、中古車オークションの場では、売り手はもっとも高い値段を付けた買い手に売り渡します。新車の販売価格が高い高級車でも、中古車の人気が低ければ効果は着かず、反対に新車時の価格が手ごろな自動車でも、人気が高ければ高額で取引されます。手ごろな価格なエコカーでは相場が高く維持されて、中古でもあまり安く買えない反面、長く乗った後でも寝落ちが少ないのが特徴です。

↑PAGE TOP